ソーシャルレンディングの2chでよく議論されるポイント

効率よくお金を稼ぐ方法といえば投資。投資信託や株式、不動産投資など、
現代ではたくさんの投資の選択肢があります。
そんな中、近年急速に注目を集めているのがソーシャルレンディング。

日本最大の掲示板サイト、2chでも話題に上がっており、
どのように活用すればよいのか盛んに議論されています。

 

ここでは、ソーシャルレンディングの概要と議論の的となっているポイントを解説します。

 

ソーシャルレンディングって何だろう?

ソーシャルレンディングは、お金を借りたい人が事業者に融資を依頼し、
事業者が審査基準を満たすと判断した場合に、インターネットを通して
不特定多数の投資家から小口資金を集め、融資をするというスキームです。

 

従来の融資、例えば銀行の場合だと、銀行員が融資先を見つけるために営業に回り、
それ以外にも多くの人的コストやシステムコストがかかるため利子による利益の大部分は
銀行に帰属していました。

ソーシャルレンディングでは、インターネットを通して募集が行われるため、
コストが非常に低くなるため、お金を借りたい人にとっては利子が小さく、
投資家にとっては利回りが高くなっているのが特徴です。

 

2005年にイギリスで始まった事業スキームであり、
現在では世界のトップ5の事業者で5兆円規模のマーケットとなっており、
現在も拡大を続けています。

日本でも数多くの事業者が存在し、1万円から10万円程度の小額から出資できることもあり、
利用者は増加の一途をたどっています。

もっとも、金融商品である以上、投資リスクも存在するのが事実です。

 

2chで議論されるポイントとは?

2chで主に議論されているのは、サービス会社が融資先を決定し、
返済された金額のうち、どの程度を投資家に還元しているのかが不透明であり、
投資リスクが高いのではないかという点です。

株式や社債の売買であれば、自分自身で銘柄を選ぶことができ、
株価が上がることによって得られる利益はすべて自分が手に入れることができます。

 

また、投資信託でも、どこの会社の株式・社債に投資されているかは明らかにされています。

一方、ソーシャルレンディングの場合はどこに融資するのかはサービス会社が決定し、
投資家とサービス会社は匿名契約となっているので投資家はサービス会社の決定に
口出しすることはできません。

また、例えば融資を受けた人が利子を含めた支払うべき金額のすべてを支払うことができず、
一部を支払った場合に、どのような配分で投資家に還元されるかが投資家側からはわかりません。

これらの点が投資リスクが高い金融商品ではないのか、と議論されているのです。
もっとも、リスクがあるのはすべての金融商品にいえることで、
重要なのは信頼性・安全性の高いサービス会社を選ぶことです。

 

上手く稼ぐために気を付けるポイントとは?

2chでも議論されている投資リスク。

利益をあげる可能性を高めるポイントは、サービス会社選びです。
サービス会社選びで注目すべきは、融資期間・完済件数であり、
これらのポイントを押さえているのが『みんなのクレジット』です。

 

運用期間が1か月から最長36か月となっており、
短い融資期間で短期的に利益を確定できるのが魅力です。
また、年1.0~12.0%の運用利回りで、数あるサービス会社の中でもトップクラスの水準であり、
最低投資額は10万円から利用できるので投資初心者の方も手軽にチャレンジすることができます。

そして、2016年4月8日にスタートしたばかりの歴史が新しいサービスで、
「新進気鋭」ですが、ホームページに公開されているとおり高い完済率をマークしているので、
融資先の選定能力も信用できます。

 

『みんなのクレジット』で融資期間の短いものから少額を投資することから始めて、
徐々に融資期間の長いものに切り替えつつ投資額を増やしていくのが、
初心者の方におすすめの投資方法です。

また、『みんなのクレジット』は様々なキャンペーンをこまめに行っているので、
魅力的なキャンペーン応募とあわせて初めて見るのもよいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ