白石伸生(『みんなのクレジット』代表取締役社長)が語るソーシャルレンディング

日本にソーシャルレンディングサービスが登場して各社、
それぞれの特徴を生かしながら投資家たちを楽しませています。

初心者にも投資の窓口としてぴったりなソーシャルレンディングについて、
『みんなのクレジット』の白石伸生社長がインタビューで語っていました。

興味深い、ソーシャルレンディングの今後の展開についてもお話しされています。

地道に認知されるように動いていく

ソーシャルレンディングのサービスの仕組みは、インターネットを通して、
お金を投資したい個人が、お金の融資を望んでいる企業や事業主とつながり、
サービス運営会社を介して融資を行うといった感じです。

日本国内では個人の投資家が企業や事業者に融資を行う、
Consumer to Businessスタイルが主流になっています。

金融機関の融資を受けるのが難しい組織が、個人から融資を受けるわけです。

『みんなのクレジット』では、
融資金額の120パーセント以上の担保を設定することになっていて、
独自の厳しい審査をクリアした融資先がファンド案件としてネットに紹介されています。

中小企業が新しい事業をスタートさせる為に必要な資金を手に入れて、
収益を得ることで返済され、利息が配当となって投資家にはいるのです。

必要な人のところにストレートに資金が届くシステムは、
学生で企業した白石伸生社長の経験からすると、とてもいいシステムで、

まだリスクが多いと考えている投資家もいるようですが、
地道に認知活動をしていきたいと話しています。

積極的に進化に向けて取り組んでいる

『みんなのクレジット』は業界内でも高利回りです。
不動産案件が多いこともあるでしょう。

大口で投資募集され、エントリーが終了すると比較的早い時期に
繰り上げ返済が見られるのも不動産案件の特徴です。

そして元本とともにそれまでの利子を配当された投資家が再投資にかかります。

そのことによりボーナスとしてキャッシュバックが行われたりする効果もあって、
投資の口座をアクティブに運用する投資家が多くいるのです。

お金を届ける先として、
中小企業だけでなく学生や、過去の出来事でブラックリストに載ったままの人、
そして片親の人に対しての応援融資など、さまざまな対象に対して
融資できるようにしていきたいと白石伸生社長は話しています。

CtoCへ広げていくことで、
国内のあらゆるソーシャルが満たされると考えているわけです。

社会貢献もしたいという投資家もいるので、そういった声を大切に、
システムとして構築すべく活動中なのです。

ソーシャルレンディングのサービス運営企業として、
成約金額が増していくのも当然大切ですが、それだけでなく、
サービス自体の在り方を白石伸生社長の理想に近づけようと積極的に活動されています。

ニーズにこたえた資金提供

世界には発展途上国が数多くあります。
日本に住んでいる私たちが直接的に関わる機会の少ない国がほとんどだと思いますが、
テレビや新聞などでその国の現状を見る機会はあるでしょう。

施設や設備が整っていないために衛生面でも問題があり、
国や街として商業的にうまく回転していないため雇用もままならず、雇用先も多くはありません。

そんな東南アジア諸国の国々に対して資金を調達することができるシステムも構築中で、
発展途上国は金融システムが整っていない場合が多いため、
自国の事業を拡大したいと思っていても資金がなく手が出せないということも少なくないのです。

ソーシャルレンディングのサービスを利用して融資を行うのは効率もいいし、
投資を行った人たちは間違いなく社会に貢献することになるのです。

融資した資金で建てられた商業施設や企業に雇用される人がいるというだけでも、
社会貢献になります。

強いては、日本という国自体に発展をもたらすきっかけにならないとも限りません。
白石伸生社長の話は、多くの人に期待とわくわく感をもたらします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ