ソーシャルレンディングサービスのメリット・デメリット比較

近年、投資家からも注目を集めているソーシャルレンディングは、
少額から始められる投資として人気があり、短期間での投資が可能なことも加えて、
初めて投資を行う人にも始めやすい投資方法です。

最近では多くの事業者が参入しており、
どのサービスを利用すればいいのか悩んでしまうという人も多いのではないでしょうか。

今回はソーシャルレンディングサービス各社の特徴、
メリットやデメリットを比較していきたいと思います。

高い利回りと低いリスクで人気

投資を行う上で気になる点と言えば、どれくらいの利回りがあり、
リスクがどれくらいあるかではないでしょうか。

そんな時にオススメしたいサービスが『ラッキーバンク』です。
こちらのサービスの特徴として挙げられるのが、
最低投資額が1万円からと少額から始められることで、
投資初心者の方でも投資を行いやすいということです。

また、ソーシャルレンディングには基本的に元本保証がされていませんが、
『ラッキーバンク』では全ファンドに不動産担保が保証されているため、
ローリスクで投資を始めることができる点です。

その他にも年6パーセントから10パーセントと他社と比較しても利回りが高い点で、
『ラッキーバンク』に人気が集まる理由の一つとして挙げられます。

ソーシャルレンディングのデメリットとして挙げられる元本保証がない点を、
不動産担保で保証して安全性を高めているところや、
途中解約できない点を最短2か月からの投資を可能とすることでカバーしているので、
投資初心者や株など他の投資ほどリスクをかけたくない方に向いているサービス
と言えます。

他社との差は高い利回り

やっぱり高い利回りを一番に考えたい、という方にオススメするのが、
『クラウドクレジット』です。
『クラウドクレジット』の特徴は、ファンドの内容が海外特化型である点でしょう。

ファンドの内容を見てみると、ラテンアメリカやアフリカなどの新興国を含めて、
多種多様な国や地域への投資が多く、そのため他社と比較しても、
5パーセントから14パーセントと高い利回りのファンドが多くあります。

海外に投資を行う場合為替のリスクに不安を覚える方もいると思いますが、
為替ヘッジ有りの案件もあることで安全性に対処している点や、
国内のサービスでは唯一の総合総社が株主となっている点で
安心感を高めてくれる事業者であると言えます。

また、最低投資資金は1万円からとなっているので、
海外特化型のファンドに初めて投資する方でも自身でリスクをコントロールして
投資を行うことができます。

その他にも、初心者の方向けの定期セミナーなどを行っているので、
投資初心者でも理解しながら投資を始めることができるメリットがあります。

投資資産以外にかかるコストも払戻手数料のみで、
月1回までは無料になっている点も投資家には嬉しい点です。

高い実績と安全性が人気

ソーシャルレンディングで投資を行うなら安全性を重視したい、
という方にピッタリのサービスと言えば『SBIソーシャルレンディング』です。

業界で唯一の総合金融グループに属している事業者で、
高い実績と信頼感を得られる点がメリットとなっています。

『SBIソーシャルレンディング』のファンドは、
不動産を担保にしたローン事業ファンドや證券を担保にしたローン事業、
オーダーメイド型のローンファンドの3つのタイプに分けられるのが特徴です。

『SBIソーシャルレンディング』は、2パーセントから6パーセントと、
利回りに関しては少し低くなりますが、
その分安全性を高めてローリスクでの投資を可能としています。

その中でもオーダーメイド型のローンファンドは、
利回りが6パーセントと他社のサービスでも人気のある案件と同じくらいの利回りなので、
人気の案件となっています。

このように3社を比較してみても、それぞれに特徴やメリットがあり、
どの事業者を選択するかは、自分の求めている投資方法と合っているかを考えて
選んでいくのがいいでしょう。

また、紹介した3社以外にも、
『みんなのクレジット』など比較的歴史は浅いものの、
高利回りで短期間、少額から投資を始められるサービスもあるので、
比べていきながら投資を行っていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ