白石伸生「『みんなのクレジット』代表取締役社長」のインタビューを読んでマイクロファイナンスの仕組みが気になった

白石伸生は、ソーシャルレンディングサービスの
みんなのクレジット』で将来的に新興国に進出し
マイクロファイナンスを提供したいと考えています。

そのマイクロファイナンスとは、
いったいどういったソーシャルレンディングサービスなのか、
どういった事がメリットなのか、
白石伸生が提供するソーシャルレンディングでどのように変わっていくのか、
を紹介したいと思います。

サービスの良さを知って、是非ソーシャルレンディングに
興味を持ってみて投資を行ってみてはいかがでしょうか。

マイクロファイナンスの仕組み

マイクロファイナンスとは、開発途上国の貧しい人々向けに提供する、
小口の融資貯蓄などの金融サービスです。

小口の融資や貯蓄のなどを提供する事で、彼らが、
事業の運営に役立て、自立する事で、貧困から脱出する事を
目的としているソーシャルレンディングサービスです。

雇用機会が開発途上国の企業では少ないので、
労働者の半分以上が自営業か家族ビジネスで生計を立てているので、
不安定な生活を続けています。

貧困層の方は、将来の計画や備えに対応するための、
保健サービスや預金口座といった一般的な
金融サービスへアクセスする事が出来ません。

なので、マイクロファイナンスは、このようなニーズに応えます。
従来の開発援助にあるような慈善的なアプローチとは違い、
一人ひとりが自分への可能性を活かす事で、
経済的な将来設計も建て、自立した生活を営む事が
可能になるよう、支援するものです。

マイクロファイナンスを活用するにあたり、主なサービスは、
融資、預貯金、保険、といったサービスが主になります。
例えば、融資の場合は、貧しい人々へが生活改善や
収入向上のために、服を売る、食料を売る、といった時に行われます。

預貯金の場合は、貯金を守り、収入が足りない時に、
教育、健康のために使用し、将来への投資を助けます。

保険の場合、自然災害、病気、戦争、などの不慮の事態による
貧困から抜け出せなくなる人も多くいます。
少額の負担で、このようなリスクが発生した場合に、貧しい人々を保護します。

マイクロファイナンスの効果

開発途上国で『みんなのクレジット』を提供した場合に、
与える効果には社会的効果経済的効果があると言われています。

まず、社会的効果としては、開発途上国では
特に女性エンパワーメント効果に効果があるのだが、
今までの通常のソーシャルレンディングサービスを
受ける事が出来なかった、社会的に排除された貧困層に、
自立して生きていく自信を取り戻してもらい、
社会との絆やコミュニティとの繋がりを呼び戻す、といった事が挙げられます。

そして経済効果としては、貧困層の借り手にとって、
ソーシャルレンディングサービスが無い場合には
利用する事が出来なかった資金が、サービスを利用し借入が
出来るようになった事で、借り手の金融サービスを受けられる事が
確保され、そこから得た資金を生産活動にあてる事で収入を得られます。

その収入を貯金すれば、金利の収入による所得効果や代替効果に
関連して、将来財と現在財などを、
望ましい消費パターンで選ぶ余地が生まれます。

マクロな視点での効果としては、貧困層が得た融資資金を
元金に生産活動を行う事で、貯蓄や所得が生み出す事が出来るようになります。

これは、国民一人当たりの資本低減が止まり、
資本の貯蓄や雇用創出を通じ、経済成長が著しくなったり、
地域の再生や活性化に繋がる事になります。

『みんなのクレジット』でこのような仕組みを作る事で、
数々のビジネスチャンスが生まれ、生活水準を上げる事ができるのではないでしょうか。

白石伸生のマイクロファイナンス

実は、新興国に進出して、マイクロファイナンスを提供する銀行は
白石伸生が代表取締役社長を務める『みんなのクレジット』以外にも増えています。

しかし、その融資利率が30%から40%に上るケースが多いようですが、
これは、貧しい人にとっては、高金利で中々借りる事が出来ないケースが多いです。

ですが、白石伸生が提供するソーシャルレンディングの仕組みを
新興国で利用する事で、現状の金利より、好条件で資金を供給する事が可能です。

2年後のファンドを立ち上げることを目標に、ベトナムやカンボジア、
ミャンマーなどで金融免許申請の準備を整えています。

融資する条件としては、設備投資に充てて事業の
収益性を現状よりも上げたい、というような
前向きな資金需要であることが前提となります。

このように、海外で提供する事で、貧困層の人は
新たなビジネスを起業することが出来るかもしれないですし、
お金を借りられることで、生活を安定させる事や、
食料や物を売ったりする事もできます。

もちろん新興国では、需要のあるサービスですし、
そのサービスの金利が今よりも好条件となると、
喜ばれる方は多いのではないでしょうか。

今このサービスを海外に提供するには、
まだまだ準備段階ですが、日本でのソーシャルレンディング体制を
しっかりと整え、ユーザーも増やすことで、それほど遠い話ではない
ソーシャルレンディングサービスなのではないでしょうか。

資産運用の新たな選択肢として、東南アジアの経済発展に
貢献することが出来るような投資が今後、出来るようになるのかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ