白石伸生<『みんなのクレジット』代表取締役社長>が取り組んでいるソーシャルレンディングの仕組み作り

最近、新しいサービスとして
日本ではソーシャルレンディングが注目を浴びています。

このサービスを行っている企業はいくつかありますが、
その中でも大半の人が信頼している企業が
みんなのクレジットソーシャルレンディングサービスです。

この会社を当初一人で立ち上げたのが白石伸生なのです。
メディアへの出演はほとんどしない白石伸生が、
インタビュー記事で語っていた『みんなのクレジット』の
ソーシャルレンディングサービスの仕組みを紹介していきます。

担保価値を120%以上にしている

ソーシャルレンディングの基盤となる仕組みとして、
不動産担保を行っているところを耳にします。
業界第2位のラッキーバングは、この不動産担保
特に主流としている会社になります。

しかし、『みんなのクレジット』では、同じような
ソーシャルレンディングサービスを行っていません。

投資家それぞれに、ローリスクミドルリターンの商品、
いわゆる融資した資金が還ってこないケースがある時に限り、
融資した資金に対して見返りを見込める商品を提供する仕組みとし、
全案件に120%以上の担保価値を設定しています。

このパーセンテージは、他の同業者よりも高く設定されていて、
案件による担保のほとんどが商品在庫や有価証券になります。
これだけ担保価値を設けている事には、白石伸生が目標としていた
「元本保障性の高さ」を期待する事が出来ます。

今では、投資家たちが過去に不動産担保をしていたが、
リスクを考え、次々と担保買いがあるサービスに
シフトしてきているのが投資家の現状となっています。

不動産投資には大きなメリットがありますが、
万が一にも不動産の売れ行きが悪くなり危険に陥ったとしても、
即日120%の担保を回収出来るのが魅力的となっています。

今まで精神を擦切らせながら、投資をしていた人や、
これから投資を始めてみたい、という方には
株やFXよりリスクも少なく、金額もミドルリターンと、
しっかりとした仕組みが整っているのでおすすめです。

自動融資審査システムへ力をいれる

白石伸生は現在、人工知能に基づいた
自動融資審査システムの開発に力を入れています。

実際、このシステムとはなんなの、という疑問を
抱く方は多いと思いますが、厳密にいうと、
1000項目程あるスコアリングモデルを
株式会社みんなのクレジットで作り、
多層構造のネットワーク(ディープラーニング)を使う事で
審査を実行するものです。

システムを使う事で、個々のデータ及び、
過去にあった出来事を元に、定量・定性から
緻密な解析を行う事で、それぞれの個人に合った
融資額と金利の水準を決める事です。

このシステムが完成し導入する事で、自動融資審査システムは
債務不履行のリスクを極力抑える事が出来、本当に資金に困っている
沢山の人々に幅広く資金調達の提供が出来るといった考えになります。

この自動融資審査システムのサービスは2017年9月から
開始される予定になっており、開発に取り組んでいるのは、
白石伸生と同じベクトルをもっている優秀な
人工知能専門業者達によるものです。

現状、日本で行われているソーシャルレンディングは、
匿名性の問題、いわば資金を借りる人を明確にする事が出来なかったり、
法律に絡む多くの問題が多発していますが、それを少しでも解決する事が
出来るサービスについて、人工知能を用いて行っていこうという
仕組みを整えようとしています。

これが、完成すれば、より安全に投資する事も、
融資を受ける事も出来るので、今後の展開に期待したいですね。

ソーシャルレンディングはC to Cに

ソーシャルレンディングが、現在国内で行われているのは、
融資先が事業者となっています。

ですが、白石伸生が考えている新しいサービスとは、
事業者ではなく、消費者や個人向けにも投資を行おうというものです。
いままでがC to BだったものをC to Cにしていこう、というものです。

上記した、人工知能を搭載した、自動融資審査を
取り入れるという姿勢がここでも発揮されています。
現在行っているC to Bのサービスは、そのままフェーズ1として残しておき、
それに加えて来年の9月より始まる融資審査によって誕生するC to Cを
フェーズ2として置き、新興国向けのマイクロファイナンスといった形で、
今後展開する事を白石伸生は考えています。

国内では、既にクラウドクレジットがマイクロファイナンスサービスを
展開しているのですが、新興国への資金ニーズは模索しています。

同じジャンルのサービスを提供する他のライバル会社も次々と
新たなサービスを出し、動き始めているところです。
白石伸生のソーシャルレンディングは、
他のライバル会社がやった事がない、
C to Cのサービスの展開へ乗り出しています。
そんな体制作りをしている白石伸生は、国内や海外と、場所を問わず
まだまだ苦しい状況を強いられている人への助けとなる
ソーシャルレンディングサービスを提供する事に努力しています。

この仕組みが現実になっていく事で、世界でのお金に困っている人が
少しでも少なくなるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ