白石伸生『みんなのクレジット』代表取締役社長が話すソーシャルレンディングの投資

近年日本国内においても、
ソーシャルレンディングサービスという投資方法が、多くの方々の話題となっています。

この投資方法を大まかにいえば、
インターネット上でお金を貸して利益を得たい方々と、
お金を必要としている方との間で、金銭の貸し借りを行うことができるというものになります。

しかし、一般的な個人間でのお金の貸し借りとは異なり、
このサービスを提供している運営会社が
両者の仲立ちに入り、お金の貸し借りにともなうトラブルを
未然に防止するといった形をとっているので、
融資により利益を得たい方々は、安心してお金を貸すことができるという仕組みになっています。

ソーシャルレンディングの歴史と種類

このサービスのはじまりは、英国で
2005年に開始された、インターネットを介して
個人との間で、小口融資が行うことができるといったものを起点としています。

そのサービスは米国内において、
同種のサービスを取り扱う複数の
運営会社が発足し、この事業は多くの方々に受け入れられ、現在でも好調に展開されています。

このサービスの種別は、マーケット型オークション型に区分けすることができます。
マーケット型というものは、サービス運営会社によって、お金を借りたい方の審査を行い、格付けされた後に、融資をしようとする方がその融資金額や金利を定めて貸し付けを行うといった流れになります。

一方のオークション型では、
お金を必要としている方が、
その借り入れたお金の使用用途や信頼性を訴えかけることによって、融資者はその情報を基にして投資先を決めていくといった形になっています。

日本国内でこのサービスがはじまったのは、
2000年台後半のことになりますが、
マーケット型、オークション型ともに、法律などの観点から問題があるとされ、これらのサービス運営会社は、個人間の融資仲介サービスから撤退していったという経緯があります。

その後、日本国内でのこのサービスは、
個人の方や企業から集められたお金を、事業者に対して貸し出すことにより
得られた利益を融資者に配分するといった形が取られ、現在に至ります。

このような日本特有のサービスは、マーケット型やオークション型とは違った、ファンド型などとして呼ばれています。

魅力的な事業内容を行おうとする方への融資で利益を

日本国内でのソーシャルレンディングサービスでの融資は、
キャッシングとは性質が違うため、
その利用用途は開業資金の調達などといった、
事業的なものに限られています。

一般的に、こうした事業性資金の調達をして
確保しようとする場合には、銀行などの金融機関を通して借りることになりますが、まだ実績や社会的な信用力のない個人事業を立ち上げようとする方の場合には、ハードルが高く、資金調達を受けることは難しくなっているのが現状です。

しかし、このサービスにおいて、融資をしたい方々にとって魅力的な事業内容に期待できそうなものであれば、その将来性にかけて融資を行うことによって、リターンを受け取れる可能性が必然的に高くなっています。

こうした方法で、お金を必要としている方へ出資すれば、株式や貯蓄などと比べてみても、高い利回になっているといえます。

ただし、注意しておかなければならないのは、貸し出した金額の元本保証はされないといったリスクがある点です。
それでも、これらのサービス運営会社は、融資を受けようとする方々に対して審査をしているため、貸し倒れとなってしまう可能性は非常に低いといっても良いでしょう。

知人などとの間でお金を貸す場合には、返済期限や貸した金額などが書かれた借用書などを作成してお金を貸したとしてもリスクがともないますが、ソーシャルレンディングサービスでは、運営会社が中に入っているため、お金を貸すにあたってのリスク回避につながります。

社会的な貢献性のある投資といったビジョン

貸付型、あるいは金融型のクラウドファンティングに属するといえる日本国内でのソーシャルレンディングサービスは、寄付型や購入型といった形をとっており、不動産を担保にしたものが多くあるのがその特徴のひとつとなります。

このサービスでは、比較的少額なお金からでも投資をすることができるといった点や、高利回り、安定性に優れているといったことなどが利点になります。

 

2016年に運営をはじめた白石伸生氏が代表取締役社長をつとめる『みんなのクレジット』では、不動産だけではなく、動産や債券などを組み合わせた担保のある案件を扱っており、10万円からの資産運用が可能となっています。

運用期間は最大で36ヶ月間、資産運用における利回りも、10パーセント代を超えるものもあり、これらのサービスを展開している複数の運営会社の中でも決して引けを取らない企業となっています。

融資をしたい方々が、こうしたサービスを利用して、資産を増やしたいのであれば、大切な資産運用を安心して任せることのできる運営会社を選択することが大事になってきます。

白石伸生氏の『みんなのクレジット』であれば、今後の見通しとして、近い将来に、人工知能を活用した審査を行うようにすることによって、債務不履行のリスクを軽減化させるといった取り組みを行なっています。

こうした審査方法を導入すれば、個人の方々でも資金調達を受けることのできるシステムを構築することが可能となっていくことを期待することができます。

現在、日本国内においては、企業に向けた投資方法となっているこのサービスを、白石伸生氏の『みんなのクレジット』では、お金に悩む個人の方、資金繰りに苦難している中小企業へと資金提供するといった、社会的貢献性のあるソーシャルレンディングサービスの実現に向けて、動き出しています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ