白石伸生<『みんなのクレジット』代表取締役社長>によるソーシャルレンディングの魅力的な利回りの仕組みづくり

利回りがよく小さな投資額で
利益が得られるソーシャルレンディングはおすすめの投資法だと言われていますが、
投資は額の大きさに限らず、元本保証も無ければ利回りも不確定です。

運用期間中解約できません。

優れた与信力で優良案件だけを
よりすぐっていることと運用期間も多様な案件があるということが大切です。

加えてリスク回避のための対策があり投資者に対する安全性確保に努めている姿勢のチェックも必須です。
その上で運営会社えらびをしましょう。

与信力が決め手の運営会社選び

ソーシャルレンディング
複数の投資家が少しずつお金を出しあい、その運営会社に預けて仲介にしてもらうことで貸付を行い、金利をつけて返してもらうという方法です。

運営会社は仲介手数料のみを取りますから、貸し手にとっては高利回り、借り手にとっては小さな利息でお金を借りられることになります。

このような形のローンの仕組みは日本ではまだまだ新しい投資の形であり、借りる側にとっても新しい希望の光です。

しかし、どちらにとっても大事なのは、運営会社の与信力です。
貸し倒れリスクを避けたい投資側にとっては当然のことです。

借主側にとっては実績のない企業や個人は金融機関での借入が難しいですが、与信力が優れている運営会社であれば、様々な角度から信用性を分析してくれますので、誠実さと実直さを認められる可能性が大きいと言えます。

『みんなのクレジット』は、非常に優れた与信力を持っていますが、この与信機能を更にアップする計画があります。

元本割れをしない実績の根底は与信能力故とも言えるでしょう。
本来、その代表の白石伸生氏は
実績が築けていませんが、十分に将来性があり
信頼できる企業や個人を助けるためにこの世界に参入していますから、
貸付側に対する今後の分析力は非常に鋭く、確実に返済できる相手を見抜きます。

その与信力故に投資家も借入主もメリットを得ている状態です。

だから、短期においてすでに50を超えるローンファンドが投資満額となり貸付が行われ、しかもすべてが順調状況です。

投資家への充実した配慮

『みんなのクレジット』が取り扱うファンドは、
不動産の取得賃金、分譲住宅の建設費用、飲食店等の開業資金、治療院の短期ローン、事業性賃金だけです。

これらを見ても開業のためや新しい分野の開拓など、実績のない起業系を助けるためのローンが多いのが判ります。
そうなると、高い与信力だけでは投資側も不安ですが、全てが動産や不動産担保付きローンファンドになっていますし、運用期間も最長で36ヶ月と短期運用になっていますから、投資必要額早期満額が実現する状態です。

運用期間については0ヶ月や1ヶ月という
非常に早いものもありますので、最低投資額が10万円であっても具体的目処がつきやすいため投資しやすいと言えます。

それに今のところ元本割れは全くありませんから、10万円以上であることが大きな利益につながっています。

投資をしやすい環境づくりで、資金を求める起業家や個人に対してスムーズに貸し付けられ、回収も確実性が増します。

投資側に対する安全性確保という配慮が、中小企業支援ローン商品を次々と世に出し、実績のない企業や個人をどんどん助けています。

その順調さが毎月の利益配当という形にもつながっています。

白石伸生氏は安全性を確保しながら、
さらに貸付の門戸を広げるために担保の種類も増やし、与信能力についても更にアップさせる予定です。
それは、投資する側に対しても魅力がアップしますので、期待できるローンファンド運営会社として注目されています。

他とは違う運営会社のあり方

白石信生代表が、財務分析や企業代表者の信用性、連帯保証人、不動産や動産の適切な評価などをしっかり行うという厳しい審査と貸付額の120%の価値を持つ不動産担保を実行するのは、投資家の利益を守るためにあります。

それが、多くの投資家が集合してくれる要因となり、貸付けできる人たちを増やすことにつながるからです。
だから、他の運営会社と比較して優良案件が多いのが『みんなのクレジット』の特徴となっています。

高い利回りも確保し、口座開設と維持に手数料を必要としないところも魅力的です。

しかも、サイト内では様々なキャッシュバックキャンペーンも準備されています。
ソーシャルレンディングを始めてみたい人は、
白石伸生氏のローンファンド運営会社にはどのような投資案件があるのか見てみるとこをオススメします。

また、色んな面で他の運営会社のサービスや特徴とも比較すると良いでしょう。

本来、元本保証はなく、
利回りも不確定で途中解約ができないのを覚悟して行うのが投資だという強い認識が必要だということが他サイトを見ることで強く実感しますし、担保を取る案件もないということも解ります。

この運営会社ほど投資者のリスク回避のための配慮があるところはないことにも気づけるでしょう。

つまり、小さな投資で大きな利回りと
低リスクというソーシャルレンディングは非常にオススメですが、その魅力を感じるのは、運営会社のあり方次第と言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ