余剰資金で始める株式投資・IPO・ソーシャルレンディング!

インターネット上でお金が必要な事業者とお金と貸して資産運用をしたい投資家をマッチングするソーシャルレンディングが新しい投資方法として注目されています。インターネットを利用することでよりスピーディーに大きなお金を集めることが出来てクラウドファンディングの1種として年々市場を拡大しており、今後も法整備を含めた変化の中で従来の金融システムに革新を起こすことが期待されています。投資の初心者にもおすすめしたい投資方法です。

ローリスクでミドルリターン

ソーシャルレンディングはインターネット上でたくさんの投資家から資金を集めて、お金が必要な事業者へ資金を届けるためのシステムです。これまでの金融システムでは資金を借りることが難しかった中小企業でもお金を借りやすくて、ベンチャー企業や新規産業向けのファンドなどが融資先として挙げられます。株式やIPOのように貸し倒れのリスクが低いことも特徴です。元本割れが起こりにくいシステムが導入されており、実際にこれまでに元本割れが一度も起こったことがないという優秀なソーシャルレンディング事業者も存在しており、初心者でも安心して始めることが出来ます。

銀行預金や国債よりも運用利回りが高いことも大きなメリットです。業界での運用利回りの相場は5パーセント前後となっており、資産運用としては十分機能してくれます。少額投資が可能で1万円程度から投資が出来ます。そのため、余剰資金で株式やIPOなどと同じように始める人が多いです。IPOは利益を出すのが簡単で人気が高い投資方法ですが、当選するかどうか分からないという問題があります。

ソーシャルレンディングであれば運用利回りが高いファンドも早い者勝ちですので、確実に投資を行うことが可能です。少額投資という特徴を活かして複数のファンドに少しづつ投資をして貸し倒れのリスクを分散する方法が一般的で、よりリスクを低くして利益を増やすことが設けるためのポイントです。

おすすめしたい事業者

ソーシャルレンディングを提供している事業者は日本だけでも複数あります。新規参入する事業者もあるため年々利用者の選択肢が増えているのは有り難い動きです。2chや利用者の口コミの中で評価を高めている事業者が『みんなのクレジット』です。2016年4月8日にサービスを開始してから一度も元本割れを起こしたことがなく、安定性が高いということで初心者でも安心して余剰資金で投資を始めることが出来ます。運用利回りが高いことも2chでは人気が高い理由です。

業界の相場は5パーセント前後ですが、『みんなのクレジット』では運用利回り1.0から12.0パーセントとなっており、業界トップクラスの成績です。運用期間は1か月~最長36か月となっており、短い期間だけ試しに挑戦する機会にもなり、投資の初心者の入り口として絶好のファンドです。但し、最低投資額は10万円からとなっています。

投資の経験者であれば10万円ぐらいは迷うことなく投資出来る金額ですが、初めての人にはパッと出せる金額ではありません。そこは、元本割れを一度も起こしたことがなく、これまでの投資家はみんな利益を出しているという成績が背中を押してくれるのではないでしょうか。人気が高いファンドは早いもの勝ちですのでいつでも投資出来るような準備をしておけば、確実に利益を出すことが出来ますので、これから投資を始める人にはオススメできる投資方法です。

利用する上で知っておきたいこと

ソーシャルレンディングはローリスクミドルリターンですのでサラリーマンや年金生活を送っている人でも余剰資金で始めるには最適な資産運用方法です。株式やIPOは大企業が中心なのですが、クラウドファンディングでは中小企業が融資先であることが多いです。これらの融資先は『みんなのクレジット』などの事業者が集めてきますが、従来の金融システムではお金を融資してもらうことが難しいという問題がありました。

投資家にとってはこれらの中小企業やベンチャー企業を応援することで社会貢献性のある投資を行うことが出来ます。まだ、日本には融資先の詳細情報を投資家にすることが出来ないという法律の壁があります。

今後はより投資家が社会貢献性のある投資をするためにこの法律を変えて、融資先を投資家が見極めるシステムが求められています。そのために事業者は政治家や国会に法整備を訴えていますので近い将来は投資家にとっていいニュースが届くかもしれません。

また、比較的新しいサービスのため統計データが乏しいという現状があります。しかし、毎年確実に市場が拡大しており利用者も順調に増加しています。今後は統計データも揃いより多くの人に認知された投資方法として定着するでしょう。販売手数料や運用手数料が無料で毎月分配されるなどのメリットも多くて、事業者によってはキャッシュバックキャンペーンなどの特典が受けられることもあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ