投資初心者のためのやさしいIPO株・株式投資・ソーシャルレンディングの始め方

銀行預金が0.1パーセントの超低金利時代になり、銀行に預金をしていても預金はなかなか増えません。

そこで、NISAや株式投資、IPO投資などが注目を集めています。そんな中でソーシャルレンディングという新しい投資方法も2chや経済誌の中で話題となっています。ローリスクミドルリターンという特徴があり、株式投資やIPO投資から乗り換える人も増えています。貸し倒れリスクを小さくする方法は既に2chなどでも語られています。

これまでにない投資方法

ソーシャルレンディングはインターネットを使って投資家から資金を集めて企業に融資するクラウドファンディングのシステムと同じです。資金を必要としている融資先をサービス事業者が探してきて、インターネット上で投資家を募集しています。少額から投資が可能なのでいくつかのファンドに分散して少額づつ投資をしてリスク分散をするのが一般的です。

これまでは融資をしてもらうことが難しかった中小企業や新規参入企業なども融資を受けやすくなる金融システムとして成り立っています。実際に融資先を見てみると様々な案件があり、投資家は判断に迷うかもしれません。実は日本の法律では、投資家に対してサービス事業者は融資先の詳細情報を公開することが出来ないという壁があります。理想的には融資先をとことん公開して、投資家に出資していただいた資金がどういう事業に使われているのかを明らかにしていくべきだと意見が多いです。そのためにサービス事業者は国会議員や業界団体に法改正を訴えています。

将来は投資家がより社会貢献性のある融資先を選択しやすい時代がくるかもしれません。サービス事業者は日本にいくつかあり、新規参入も見られる活発な業界となっています。投資家が興味があるのは運用利回りや最低投資額などでしょうが、経営者がどういう志を持っているのかも大切な視点となります。そのような情報は専門サイトや経済誌のインタビューなどで知ることが出来ます。

初心者でも簡単に始められる

ソーシャルレンディングはFXやデイトレードなどに比べるとローリスクであり、これから投資をやってみようという初心者にもハードルが低い投資方法です。ローリスクという点ではIPO投資もリスクが低くて、大きな利益を得やすいとして人気です。しかし、IPO投資は当選する必要があり、安定した利益を生むには向いていません。一方でソーシャルレンディングは毎月分配金が貰えます。安定した利益を得たい人にはおすすめの投資方法です。

ソーシャルレンディングを始めるにはインターネットから口座開設をすることから始まります。口座開設は無料ですぐに開設出来るので、数日もあれば投資するファンドを選ぶといった実際の投資を行う環境が出来ます。投資先が決まったら投資する金額を入金する必要があります。殆どの場合、指定された銀行口座に入金する形となりますので、手数料は投資家が負担することになります。

長期的に投資を続けるには何度も入金をすることを考えると手数料も馬鹿になりませんので、インターネット銀行で口座開設をして、手数料を安くすることをおすすめします。投資金額を入金したら、投資金額などを確認してインターネットから申し込みをするだけです。あとは分配金が自分の口座に入金されるため、毎月確認しましょう。銀行預金に比べると比にならないような運用利回りですので、毎月安定した利益を得ることが出来るため初心者にもおすすめの投資方法です。

運用利回りがトップクラス

数あるソーシャルレンディングサービス事業者の中でも運用利回りがトップクラスで安定性が評価されているのが『みんなのクレジット』です。2016年4月8日にサービスを開始したばかりですが、運用利回りは1.0から12.0パーセントとなっていますし、最大運用利回りは14.5パーセントというファンドもあります。運用利回りが高いファンドは早い者勝ちなので絶対に投資が出来るとは限りませんが、それ以外の相場以上の運用利回りのファンドは比較的簡単に申し込みが出来ます。全てのファンドに担保と保証がついているので、投資家が損をすることがないような工夫が取り入れられています。

実際にこれまでに元本割れをしたファンドは0件となっていますので、初心者でも安心して投資を始めてもらえます。『みんなのクレジット』は他の事業者よりも最低投資額が高くて10万円から投資することが出来ます。10万円は初心者には大きな金額で、一歩踏み出すには勇気が要るかもしれませんが、運用期間が短いファンドを選ぶなどの対策をすれば問題ありません。

投資家にとっては有り難いキャッシュバックキャンペーンの随時行われています。投資金額に関係なくキャッシュバックされるものや、投資金額が多い人ほどたくさんキャッシュバックされるキャンペーンなどあります。クリスマスなどのシーズンにも普段よりお得なキャッシュバックが行われるので今後益々利用者が増えそうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ