IPO株・株式投資・ソーシャルレンディングの利益の出方の違いとは

ソーシャルレンディングは、少ない資金で初めることができ、高い利率の配当を月々受け取ることが可能な投資として期待されています。株式やIPOなどと比較しても、大きな資金を用意しなくても投資可能という点で、小口投資家にとっては、利用しやすい投資商品であると言って良いでしょう。有利に投資を進めるためには、まとまった資金を用意することが必要となり、小口の投資家にとっては利用しにくい面がありましたので新しい投資商品に期待が高まります。また、元本保証されないデメリットについても、担保の設定でカバー出来るように配慮されています。複数案件に分散投資することも可能ですので、リスク低減を図ることができるのもメリットです。

ソーシャルレンディング業界に参入した話題のサービス提供会社

ソーシャルレンディングは、個人投資家の新しい形の投資スタイルを実現します。少額で投資開始できますが、利率も高いものとなっており、月々の安定した配当が期待できるのが特徴です。その仕組みの秘密は、複数の投資家からの資金を集約し、大口の取引とすることで、より有利な融資先との契約に結びつけているからです。個人投資家と事業者をネット上のシステムでダイレクトに繋ぐ点が従来の融資とは異なります。

融資を受ける側は、必要な時に必要な額だけ資金調達でき、投資する側は低リスクでありながら有利な投資ができる点で双方にメリットがあります。2016年の4月よりソーシャルレンディング業界に参入した『みんなのクレジット』は、後発の会社でありながら新進気鋭のサービス提供会社としてアグレッシブにプロモーションを展開してきています。利率の高い投資案件と担保設定により、魅力ある投資商品として広く認知されてきました。投資案件にもよりますが、最大14.5%の破格の利率となっています。少額から始めることができますので、小口の投資家も参加しやすくなっています。もちろん元本保証されていない投資案件ですので、国債や社債など投資商品に比べるとリスクがあると考えがちですが、担保設定や分散投資などの別の方策でリスクを低減しています。

初期の参加者は、月々の配当支払いだけでなく、破格のキャッシュバックやボーナスを受け取ることができています。2chやSNSを通じて投資体験などを報告している投資家がいるくらいですので、その点については偽りはありません。短期間で顧客を飛躍的に増やし、業界内でも一目置かれる存在となってきています。

他の投資商品と比較した際のメリットとデメリットを考える

株式やIPOなどは、古くから有望な投資商品として利用されていますが、投資商品としての比較をするために、その特徴や違いを知るためにも、その内容をチェックしておきましょう。株式を購入するという点では同様であり、資金として必要な最低額が数十万から数百万円となる場合もあります。株価の変動を期待して現物を購入するか、もしくは信用取引で売買をすることになります。現物であれば購入金額に見合う資金を用意する必要がありますし、信用であれば証拠金を差し入れる必要があります。信用取引の場合は、マイナス方向の価格変動によって追加証拠金を要求される可能性もあり十分な資金力が必要となります。IPO(新規公開株)は、事前に値上がりが期待できる銘柄に対して、より有利に投資することが可能です。

未上場の企業が資金調達のために証券市場上場する際に、抽選によって事前に安く購入することができる制度です。安めとは言っても、まとまった資金が必要となります。また、公開後の初値が公募価格よりも下がってしまう場合も稀にあり、この場合は損失を計上してしまいます。将来性のある企業の株式を選定する知識や、価格のテクニカルな動きを読み切って利ざやを稼ぐことができるといったメリットがある一方で、大きな資金が必要であったり、相場変動によって想定外の損失を負ってしまうリスクがあります。その点、ソーシャルレンディングであれば、少ない投資資金で初めることができますので、経済的に負担が少ないといったメリットを生かすことができます。貸し倒れなどのリスクについては、分散投資で回避することが可能ですので、小口投資家に向いている投資商品であると言えます。

新しい投資商品の利用についてのまとめ

株式などの投資商品は、ある程度まとまった資金が必要となりますので、大口の投資家であればスケールメリットを生かすことができますが、小口の個人投資家には対応が難しい面があります。ソーシャルレンディングが、この問題を解決し、小口投資家に新しい投資商品を運用する機会を与えてくれます。これを可能にするのは、インターネットで利用できるソーシャルシステムを駆使することで、複数の投資家から集約した資金を大口融資でつなげることができるからです。高利率の配当を実現していますので、個人投資家安心して投資することができるのが魅力です。また、融資先にとっても、タイムリーに資金調達をできるメリットを享受することができるため、双方がwinwinの関係になる画期的な投資方法です。

業界の中でも『みんなのクレジット』は、2016年4月に開始した後発のサービスであり、業者としての先行者利益を享受する立場にはありましたが、短期間で多くの顧客を抱える程の急成長となり、多く投資家に認知されています。金利の高さが2chや経済雑誌の特集でフィーチャーされる事も増えてきていますが、特徴はそれだけではありません。全案件に動産、不動産を投資価値の120%に相当する担保として設定しています。これにより融資先からの償還が停滞した場合においても、資金を保全することができます。先行している他の業者に比較して、財務状況が非公開であったり、投資案件の詳細が不明確など指摘が2chなどでありましたが、公式サイトもリニューアルされ、財務諸表の公開など行っていく事も過去の代表インタビューにありますので、今後の動向が期待できます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ