IPO株・株式投資・ソーシャルレンディングに向いている人の違い

近年新しい投資方法としてソーシャルレンディングというものが市場を拡大しています。インターネットを使って資金を集めるクラウドファンディングの一種であり、ローリスクミドルリターンであると言われています。従来の株式やIPOよりも利回りが良くて、FX等よりも少ないリスクで儲けたい人に向いている投資方法です。いろんな事業者が新規参入しており、利用者はファンドを見極める知識が必要になります。初心者にも手がつけやすくておすすめの投資方法です。

どのような投資方法なのか

ソーシャルレンディングはクラウドファンディングの1種です。インターネット上でお金を貸したい投資家とお金を借りたい融資先をマッチングするためのシステムです。これまでに金融システムでは資金が届きにくかった中小企業やベンチャー企業へきちんと資金を行き渡らせることが可能です。投資家はお金を貸すことで社会貢献をすることが出来るというメリットがあります。

まだ、日本に誕生して間もないこともあって、法整備が整っていない側面もあります。例えば、個人投資家は融資先に関する詳細情報を知ることが出来ません。投資家にとっては融資先をしっかりと把握出来ないことで、思い切ってお金を貸すことのハードルになりがちです。また銀行預金のように元本保証がされていないため、貸し倒れのリスクが伴います。しかし、『みんなのクレジット』は2016年4月8日にスタートしたばかりですが、これまでに一度も元本割れをしたことがありません。

投資をするファンドによってもリスクが異なるため、しっかりと見極めるための知識は欠かせません。利回りが良いファンドは基本的には早い者勝ちなので、なかなか投資が出来ない場合もあるぐらい利用者が集中することもあります。インターネットを利用した投資方法なので世界中から投資家が集まり、スピーディーに取り引きが進みますし、1日で大きなお金を集めることが出来る新しい金融システムとして期待されています。

どのような人が向いているのか

ソーシャルレンディングはローリスクミドルリターンの投資方法なので投資の中級者に向いています。株式やIPOは投資方法の中でも一番メジャーで多くの利用者がいますが、相場に影響を受けてしまいます。一方、ソーシャルレンディングは株式やIPOと違い相場と相関関係がありませんので比較的安定しています。但し、海外へ投資するようなファンドは為替の影響を受けることもあります。

また、少額投資が可能なので1万円から投資を行うことが出来ます。これによっていろんなファンドに分散投資を行い、リスクを小さくすることが可能です。おすすめのなのはソーシャルレンディングを運営している事業者も分散することです。日本には数社の事業者が存在していますので、選択肢はいくつもあります。また、株式やIPOは大企業に資金を提供してより良いサービスや物を創作して欲しいという投資家に向いている反面、ソーシャルレンディングは中小企業やベンチャー企業を応援したい投資家に向いています。本当に資金が必要な中小企業は多くて、きちんと資金を行き渡らせることで社会貢献をすることが出来ます。

元本割れが心配な人は銀行預金等が向いていますが、そもそも銀行預金は利回りが低くて資産運用は出来ません。元本割れをしたことがない事業者で高利回りのファンドに投資をして利益を出すことは難しくありませんので、これから投資を始めようと思っている人にはおすすめの投資方法です。

評価を高めている事業者

日本の事業者で近年、利用者や専門家、2chなどで安定性や運用利回りで評価を高めている事業者が『みんなのクレジット』です。2016年4月8日にサービスをスタートさせたばかりの新しい事業者ですが、これまでに一度も元本割れをしたファンドがなくて、投資をした人は全員利益を得ています。また、運用利回りが高いことでも有名です。業界の相場は5パーセント程度ですが、『みんなのクレジット』では最大運用利回りが14.5パーセントという案件もあります。これは業界トップクラスとなっていて2chなどでもちょっとした騒ぎになることもあります。最低投資額は10万円からスタートなので、他の事業者よりも高いですが利回りが高いため、10万円投資すれば利益も高く出すことが出来ます。

投資家にとっては有り難いキャッシュバックキャンペーンもよく行われています。募集金額が満額で成立した場合には、そのファンドの投資家は全員一律でキャッシュバックを受け取ることが出来ます。投資金額に関係なく同じ額がキャッシュバックされます。たくさん投資をしたい人は、投資金額に応じてキャッシュバック額も増加するキャンペーンもありますのでそちらがおすすめです。また、海外進出も予定していて、すでにアジア新興国に子会社を設立していて近いうちには本格的にビジネスを展開していくようです。日本でも確実に業績を拡大しており、今おすすめできる事業者です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ