ソーシャルレンディング会社「みんなのクレジット」の融資の仕組み

ソーシャルレンディングは多数の企業が参入していますが、
中でも安定性を重視した投資で注目を集めているのが『みんなのクレジット』です。

この企業は融資の仕組みが単純であり、出資のし安さ、利回りの良さで人気が出ています。
新進気鋭の会社であり、十分な実績と信頼性を得ているサービスで販売する商品の多くが、
公表後、本当にすぐ売り切れてしまう程です。

 

ソーシャルレンディングで儲けを出す

ソーシャルレンディングはインターネット上で広く融資を募る方法です。

同様の方法にクラウドファンディングがありますが、クラウドファンディングが事業が始まる、
もしくは商品の販売が始まるくらいにリターンをモノやサービスで還元するのに対し、
ソーシャルレンディングはあくまでも現金でのリターンを求め、融資の返済から出資者に還元する方式です。

そのため、利益が出るまでの期間が短く、また返済が続いている限り利益が発生するのが利点です。

ただし、一括返済されてしまうと利益がそこで終了となりますし、
多くが予定されていた利回りを実現できないことが多いです。

 

また、もともとソーシャルレンディングの考え方は、
社会的に意義のある事業を金銭で助けるという意味があるので事業が成功し、
一括返済を選んだとしても問題ありません。

運用期間についてはこのようなこともあるので、
出資者側で自由に選択できる仕組みが採用されています。

出資の際は1ヶ月単位で指定できるようになっています。
長期で運用しても構いませんが、短期間で分散投資するという方針にも対応できると期待されています。

 

ソーシャルレンディングをサービスする会社

通常の投資とは若干異なる方法ですが、仕組みがとても単純なので、
サービスを提供する会社は年々増えてきています。

また、扱う投資事業も多岐にわたっており、選ぶのが大変なほどです。

 

そんなソーシャルレンディングサービスですが、安定性を求めるなら不動産投資がおすすめです。
不動産投資は大口投資家ではないと扱えないと思われてきましたが、
『みんなのクレジット』のような企業が小口出資にも対応させてきています。

 

小口融資は不動産投資では不利なことが多かったのですが、
出資額や出資期間によらずに利益を得る仕組みを採用しているので、
いくら出資しても利益が出る仕組みを完成させています。

もちろん、投資なので絶対はありませんが、
それでも匿名組合方式を採用することで、損が出ても元本で止まる仕組みとなっています。

 

したがって、株投資やFXに比べて安心感が高いです。

また、この企業の場合はこれまで元本割れさせたことがないので、
比較的安心して選べます。

ただし、一括返済されてしまうとそこで融資が止まるので、
期待されていた利益は出ないことがありますので注意は必要です。

 

投資会社を選ぶ基準について

投資会社は運用できる資金量、期間で選ぶことが一般的でしたが、
最近もう一つ、社会性に意義を見いだせるかを重点に考える方が増えています。

ただ単に金儲けができればいいと言う方も多いのですが、
金融機関から融資が受けられずに、
社会的に意義のある事業が進められない企業もたくさんあります。

 

また、新興国では慢性的に事業資金が足りません。
そのような社会に求められている事業に投資をするサービスとして期待が大きくなっています。

 

みんなのクレジット』では不動産事業の経験を活かして
さまざまな案件を資金面で支えてきています。

不動産事業はただ建てれば利益が上がる時代は終わっており、
率先して攻めの経営が求められています。

攻めの経営では重要な知識とチャレンジ精神がこの会社にはあります。
事例を見ていてもどれもが特徴的な事業ばかりであり、建物を利用する方が多いのが特徴でもあります。

 

多くの方に求められている社会性の高い不動産を扱っているのも、
ソーシャルレンディング投資したくなる理由と言われています。

しかも、挑戦的な投資をしながらも、元本割れを起こしていない投資スタイルは賞賛を得ています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ