IPO株・株式投資・ソーシャルレンディングの買い方を比較!

銀行に資産を預けたとしても、現在では年利が微々たるものなので、儲けを望む方にとっては利用する価値はないといえるでしょう。そのような状況にうんざりとしていて、これから資産運用を開始しようと考えるなら、まずはリスクの高くない方法からスタートすると良いでしょう。

特にオススメできるのがソーシャルレンディングという10万円以下でも始められる資産運用ですが、株式投資にも興味を持っている方が多いはずです。どちらのサービスも優れた点がありますので、自身にあった資産運用をおこないましょう

最もメジャーな株式投資

資産運用を考えたときに最初にイメージするのは、新聞などにも数値が載っている株式投資ではないでしょうか。その儲けだけで生活が成り立っている方もいるくらいなので、夢の投資方法と考えている方も多くいます。こちらの買い方は難しくなく、証券会社に口座を開いてそこにお金を入金すれば、株を買うための準備は終了です。ただし、どの銘柄を買えば良いのかというのは、やはり難しい判断だといえます。時間によって刻々と値段が変化する株は、先見の明があるという方にはとてもオススメなので、自信があるのならチャレンジしてみると良いでしょう。そして、株式投資の一種としてIPOと呼ばれる比較的儲けがでやすい手法も存在しています。そのため、IPOを活用して確実性の高い資産運用を考えている方もいるでしょう。

このIPOの買い方はとても複雑になっていて、最初に購入の意思を伝える申し込みをおこなう必要があります。しかし、申し込みをおこなえば誰でも買えるわけではなく、そこ後に当選しなければ購入することすらできません。つまりは目標があって資産運用をする場合は、目論見通りにはいかないと考えておいたほうが無難でしょう。どのくらいの当選率なのかを知りたい場合は、大型掲示板の2chなどで調べてみれば実際の利用者の声が分かります。2chを読めば運頼みなのが理解できるでしょうから、単体ではなく他の資産運用と組み合わせることをオススメします。

企業相手の融資で儲けをだす

最近多くの方に注目されてきているのが、ソーシャルレンディングという企業に融資をして利益をだす方法です。銀行の貸し渋りのせいで融資が受けられない優良な企業はたくさんありますので、取り引き先もたくさんあるのが特徴です。ただし、個人で企業を相手にできる金額を用意するのは無理があるため、ソーシャルレンディングをおこなうためにはサービス会社を活用しなければいけません。

サービス会社が窓口になって、大人数から少額ずつのお金を集めることで企業相手でも融資を可能としてくれています。サービス会社との取り引き方法はとても簡単で、他の投資と同じように専用の口座を開設することから始まります。後は応募をしているたくさんの案件の中から、融資先を選んで配当を待つだけです。株式投資とは違って毎日数値とにらめっこする必要もありません。

なお、ソーシャルレンディングでは企業相手に融資を無限におこなえるわけではありませんので、一定数が集まった後には応募の締め切りが存在しています。そのため、好条件の案件は早めに消化してしまう可能性があるため、慎重かつ素早い行動が求められることがあります。しかし、きちんと考えて早めの行動を心がければ、他の投資方法よりもずっと簡単に理想とする資産運用をおこなえるでしょう。難しいように感じますが、融資の金額が安価に設定されている場合も多いため、気軽に企業相手に取り引きができるのも大きなメリットといえます。

オススメのサービス会社

ソーシャルレンディングを知れば素晴らしい資産運用方法に感じますが、色々なサービス会社が登場していますので、信頼できるところを見つけださなければいけないのがデメリットといえるでしょう。もしも、信頼できるところが分からないと考えているなら、『みんなのクレジット』を利用することを推奨します。こちらは2016年に運営を始めたばかりの新しい会社ですが、後続ならではの強みをいかした様々なメリットを享受できるからです。投資額も10万円から始めることができますし、たった1ヶ月間の期間の案件も選べるため、初心者が始めるには相応しいサービス会社といえるでしょう。

初心者が始めやすいからといって、利回りは決して低いわけではありません。こちらでは、最高で12パーセント(年の利回りで)の案件まで存在していますので、初心者だけではなく上級者でも満足できる取り引きがおこなえるでしょう。

なお、『みんなのクレジット』で取り引きを開始する方法は、ホームページにある「投資口座開設から投資まで」というコンテンツで簡単に学ぶことができます。口座を開設しなければ何も始まらないため、まずはホームページ上からおこなえる無料の申し込みを活用しましょう。未成年の方(保護者の同意は必要です)や75歳以上の方でも、オンラインフォームや電話で問い合わせると開設できる可能性がありますので、他のサービス会社の利用ができない状況でも『みんなのクレジット』は力になってくれます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ