ソーシャルレンディングが魅力的な理由と白石伸生『みんなのクレジット』代表取締役社長が目指す未来

今、話題のソーシャルレンディング。その中でも注目を浴びているのが代表取締役の白石伸生氏が運営する『みんなのクレジット』です。2016年4月に開始されたばかりですが、投資達から大変注目されており今後ますます伸びるであろう会社です。

開始されて間もない会社ではありますが、なぜそれほどまでに注目を浴びているのか、ここではその魅力を紹介しています。このサイトを見ることで、その魅力と投資をする際のメリットを知ることが出来るでしょう。

時代を先行くソーシャルレンディング

貸与型クラウドファンディングと呼ばれるソーシャルレンディングが今注目されています。高利回りで運営することが出来るので、話題になっており気になる人も多いのではないでしょうか。この投資手法はネットを利用してお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるものになっています。

お互い借り手と貸し手の条件があれば、便利に利用することが出来るものになっています。また、ネット上でやりとりをすることが出来るので、低コストで利用することが出来ます。投資家は運営会社と匿名組合契約を結び出資をしていき、運営会社がそれを必要としている人にお金を貸付をしていきます。10万円程度という小額の融資からはじめることが出来るので、投資がはじめての人や気軽に投資をはじめたい人に大変向いているサービスです。

企業とスピーディにやりとりを行うことが出来る新たなサービスになっています。このサービスは今後ますます発展していくでしょう。その中でも今、一番、話題性溢れ注目されているのが、白石伸生代表取締役社長が運営する『みんなのクレジット』です。

2016年4月に参入した企業ではありますが、今大変注目を浴びている会社です。そして今後ますます発展するである将来性有望な会社でしょう。ネット社会の今だからこそこのサービス利用者が多くなっており、そして今後ますます利用者が増えるサービスです。そこに焦点を当て、新しい事業を展開しています。

金融システムに新たな風が吹き込んだ

日本でサービスが開始されてからまだ10年と浅いこのサービスですが、なぜ白石伸生氏は注目したのでしょうか。それはこれまでのネットを利用しての出資よりも、このソーシャルレンディングの方が投資家にとってメリットがあるということです。

投資家自身が出資したい人や企業を選ぶことが出来、また株式などの相場に相関関係がありません。自分で出資先を選べるということは、出資したお金がどこでどう使われているのかということを知ることが出来ます。また、株式と相関関係がある場合、リスクが大きくなってしまう場合があります。それが無いと言うことはローリスクで出資をすることが出来るということでしょう。

白石伸生氏はお金を借りたくても借りることが出来ない人がたくさんいる、本当にお金を必要としている人にきちんとお金を行き渡らせる為にはどうすれば良いのかという観点からこのサービスをはじめました。また、中小企業支援に特化しているサービスであり全てのファンドで担保が設定されていたり、融資者の代表が連帯保証をしているのでリスクも削減することが出来る投資家にとって大変利用しやすいものになっています。

また、利回りも業界トップクラスであり投資家にとっては大変魅力的な会社です。やはり同じサービスを提供している会社であっても利回りが異なります。その中でも飛び抜けて利回りが高い会社なので多くの投資家が注目をしているという訳です。

投資家に嬉しい仕組み

これまでのクラウドファンディングよりも配当を支払いつつ元本を返すというソーシャルレンディングは大変魅力的でしょう。投資家にとっても利用する価値が大変あり、これまでなかなか手が出せなかった人でも利用しやすくなっています。また、『みんなのクレジット』では投資金額ボーナスや季節限定ボーナスなど、条件を達成することで様々なボーナスをもらえるという画期的なアイデアが人気になっています。

投資金額ボーナスではより多くの金額を出資した投資家にボーナスが支払われる仕組みです。季節限定ボーナスはまた、その季節によって行われるキャンペーンであり、条件を満たすとそれに合わせてボーナスをもらうことが出来ます。このようなキャンペーンが随時更新されているので見逃すことが出来ません。また、出資をする場合投資家にとって一番気になるのが元本割れではないでしょうか。

まだ始まって間もないサービスではありますが、今現在では元本割れを起こしているファンドはありません。つまり投資した人はみんなそれぞれ利益を得ています。また、白石伸生氏はまだまだ先を見据えています。

ベトナムやミャンマー、カンボジアなどのアジアの新興国への進出も計画しており、子会社設立へと意欲的に動いています。今後の事業展開をどのように行うのか、そして市場の流れをいかに掴むことが出来るのかまだまだ開拓の余地があるサービスです。まだまだ白石伸生氏の躍進は留まることはないでしょう。今後ますます目が離せない会社ではないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ