ソーシャルレンディングはリスクが限りなく低くミドルリターンが得られる唯一の金融商品

今日本ではソーシャルレンディングはお買い得です。
なぜかというと、みんなが注目していないからこそローリスクなのに
ミドルリターンだからです。
たとえば銀行預金はローリスクローリターンです。

 

それは安定稼働はしているけれどもみんなが預け入れるために
需給バランスが均衡しているからです。
ソーシャルレンディングについては後述します。

 

なぜにミドルリターンなのか

この場合の需給バランスとは、
需要が融資を求める企業、供給が融資を行う人です。

そして今このサービスに対する需要が高まっているのに対して
供給が追い付いていないのです。

 

そのため実際は極めてローリスクなサービスであるのも関わらず、
融資を受ける側とソーシャルレンディングサービス提供会社からすると、
ミドルリターンにせざるを得ないのです。

そうして注目をひかなければみんなが融資してくれないからです。

 

なぜこのような現状なのかというのはご想像通りでしょう。
日本人は金融に対しての関心が薄く、会社で働いて収入を得る、
ということに特化している傾向があります。

また安定を好むので、
金融というだけでギャンブルみたいでよくわからないから辞めておこう。
自分は会社でコツコツやって出世して偉くなる、という発想になります。

 

もちろんそれは良いことで、特に金融に意識を向けた方が良いとも、
自分でもビジネスの土壌を持つべきだとも思いません。

もちろん実はその方がリスク分散で安定なのですが、
会社が好きな人にそれを言っても無意味でしょう。

 

金融商品全般の意識レベル

上述した通りの現状で、
日本人がどうするべきというのはありませんが、単純にみんなが注目していない分、
供給に希少価値が生まれます。

今気づいて購入した人はお得でしょう。
もう一つの理由としては資金に余裕がないということもあります。

会社員としての給料は日本の平均でも生活はできるが、
余裕がたくさんあるような状況でもないです。

 

時間拘束と労力を奪われるわりには収益も多くなるわけではないので、
そのままプラマイゼロの水中でいくことも多いです。

そのため資金に余裕がある人が、
ますますこういったサービスを利用してお金を増やします。
資金に余裕がなく、また会社で働くだけという意識の場合には、
今後もこの差は埋まらないものです。

 

もちろん個人の価値観の問題なのでどちらが良いというのはないのですが、
お金を増やす思考を持った方が金銭的にはお得です。
それが人生にとって良いかどうかは人によりますが、収益化をして損はないでしょう。
そして後述しますが『みんなのクレジット』は2016年にできたばかりですが、
実績を伸ばしています。

 

『みんなのクレジット』がお得

他の会社もソーシャルレンディング業界全体で安定稼働しているのですが、
中でも特にみんなのクレジットはローリスクミドルリターンを実現しています。

その理由はあとから業界に参入した分、他社のファンド選定の研究や、
そこから自社のファンド選定の勉強を怠っていないからです。

 

ファンド選定はギャンブルではないので、明確な根拠に基づいてデータから選定しています。
そのため勉強熱心な方が必ず勝つとまでは言いませんが、圧倒的に有利なのです。

何事もそうですが、勉強も時間を掛けて集中して取り組んだ方が有利です。

頭が良いとか運が良いというのもあるかもしれませんが、
そのことに対して時間と労力を注ぐことは圧倒的に有利になるための唯一の方法です。

 

努力というのは確実に報われるとかそういうものではなく、
有利に進めるための戦略が努力なのです。

この努力をしていることは、みんなのクレジットに関しては評価を得ています

 

ファンドマネージャーが勉強熱心であるという戦略をとっているので、
今後も有利に戦局を進めることが可能です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ