ソーシャルレンディングで注意しておきたい投資リスクとは

ネットを使って、お金を借りたい人と投資したい人の
最適なマッチングを実現するサービスなのが
ソーシャルレンディングです。

投資対象をローンに特化しているのが特徴で、少額投資も可能で人気が高まっており、
市場は拡大し続けています。

借り手には低金利、
投資家には高利回りで利益を還元できる可能性があり魅力ですが、
投資だけに投資リスクも注意しておく必要があります。

 

高利回りが魅力のソーシャルレンディング

お金を借りたい人と投資として貸したい人を、
インターネットを通じて結びつけるのがソーシャルレンディングです。
投資対象を貸し付け(ローン)に特化しているのが特徴です。

 

最も個人対個人での取引ではなく、運用会社を介し、
投資家から資金を集め、

個人や法人など支援を求めている人たちに提供します。

 

運用会社はインターネットを活用することで低コスト経営が可能になります。

 

これは店舗を置かず人件費など運営コストがかからないネット銀行が、
普通の銀行より金利が高くローン金利が低いのと同じように、
他の金融会社より借り手は低金利、投資家には高利回りでの利益還元が期待できます。

 

また、融資先によっては社会貢献につながります。
投資の仕方としては、まず投資ファンドの会員となり一定の資金を預託します。
新しい案件が掲載されたら投資金額を入力するだけでエントリーすることが可能になります。

例えばキャッシュバックが魅力の『みんなのクレジット』は、
魅力的な利回りと安定した資産運用、
投資期間も選べることで投資家の間では人気となっています。

 

ソーシャルレンディングの3つのタイプ

現在大まかに分けて、個人を対象にしたファンドを組むタイプ、
企業に対しての短期貸し出し、特定のプロジェクトに対する貸し出しです。
これらの投資リスクも考慮して選択する必要があります。

 

複数の借り手をひとつのファンドにし、リスク分散するのが個人を対象にした貸し出しです。
そこでは、収入額などを尺度にしながら借り手のリスク評価を行い、
貸付金利の高低をつけています。

当然、投資不適格者は審査で落とされており、ハイリスクな商品にはならず安心です。

 

企業の一時的な現金不足の解消を満たしているのが、企業への短期資金貸し出しです。
大企業ほど銀行に信用力で劣る中、小企業にとっては短期資金借り入れも審査があり
手続きが面倒ですから、迅速に借りられるだけメリットがあります。

 

若干金利が高めでもメリットは大きいことので、結果的に投資家に対する還元も大きくなります。

インフラ整備やプロジェクトに対する貸し出しは、
事業内容も分かりやすく応援するという意味合いでもメリットは大きいです。

ちなみに『みんなのクレジット』では案件の成約手数料や、
分配金の振り込み手数料など余計なコストがかからないのも魅力です。

 

銀行から融資できない企業に貸すリスクは?

銀行と違い、貸し付けリスクは自分が追う形なのがソーシャルレンディングですので、
まずは注意が必要です。

融資先に関する情報が少ないことや他の投資に比べて不利です。
また元本保証はないのは、他の投資と同じように投資リスクとなります。

 

デメリットは、運営会社によって提示される融資先に関する情報が少ないこと、
株のような専門家などによる客観的分析データを得ることはできないことです。

また、融資先の倒産、目標利回りよりも下回る可能性は投資リスクです。
また、中途解約や満期まで現金化できないので、注意が必要です。

 

このように投資である以上、
リスクは付きものですので対策を講じる必要があります。

 

まず貸し倒れに備えて担保のある融資先を選びます。
不動産や連帯保証などの担保を抑えることで、リスクに備えます。
また投資としては基本ですが分散投資することも大事です。

流動性リスクに対しては、投資期間の短いファンドへの投資することも対策になります。
複数のファンドに投資するなら短期間のファンドの割合を増やすのもリスク回避になります。

 

このようにリスクはあるものの、高利回りが期待できる金融商品ですから、
本業以外の収入を得る手段として活用するのもいいはずです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ